火災保険を使った
外装リフォーム

火災保険を使った外装リフォーム

火災保険を使って外壁や屋根のリフォームができる場合があります。それは、火災保険が、火災やガス爆発などの事故だけでなく、自然災害による損害にも適用されるからです。災害で外壁や屋根が損害を受けた時、保険の適用条件をクリアできれば、保険金で外壁の塗り替えや張り替え、屋根の塗り替えや葺き替えができます。「掛かる費用を抑えたい」という皆さまのために、千葉県の業者紹介サービス「ちいき新聞の外壁塗装」が火災保険を使った外装リフォームについて詳しく紹介したいと思います。

まとめると…

  • 保険の種類や内容を確認しましょう。
  • 風災などの自然災害も火災保険の対象。
  • 保険会社は損害鑑定人の調査報告をもとに保険認定するか否かを決める。損害鑑定人は保険申請書類をもとに調査する。保険申請書類は自身でも塗装業者でも記入できる。

火災保険の種類

せっかく火災保険に加入しているのであれば、見落とさずしっかり活用したいもの。しかし、皆さまのお住まいごとに加入している火災保険の種類が異なります。「保険証券」を確認したり、加入している保険会社に問い合せたりして、保険の種類や内容をまずは確認しましょう。保険は主に以下の3つの種類があります。

1.住宅火災保険

住宅火災保険は、戸建て住宅向け火災保険の基本的なタイプ。火災による損害のほか、風・落雷・破裂・爆発・雹・雪による損害を補償してくれる保険です。たとえば、台風によって外壁や屋根に損害が発生した時でも適用される可能性があります。一方で水害は適用されません。洪水・豪雨などで外壁や屋根が浸水し、水漏れ、水濡れが発生した場合や、土砂崩れが発生した場合も適用対象外です。

2.住宅総合保険

住宅総合保険は、1の「住宅火災保険」の適用対象はもちろん、水害や水濡れ、暴行・破壊、飛来・落下・衝突、盗難など、より広い範囲で補償を受けられるオールマイティな保険です。洪水・豪雨などによる水害・水漏れや、自動車が壁に突っ込んだ場合、暴動によって壁が破壊された場合なども適用される可能性があります。

3.新タイプの保険

敷地内にある外灯などの野外設備も補償の範囲とするなど、従来の「住宅総合保険」より更に保証の範囲を拡大したり、補償額の制限がなく「実損額」で保証されたりする新しいタイプの保険で、最近の主流になりつつあります。

たとえば「風災」に認定されるもの

風による災害「風災」は上記のいずれの火災保険でも補償の対象です。申請ができる期間は風災を受けてから3年間。台風は毎年来るものなので、実質、期限なく申請できるとも考えられます。火災保険をうまく活用して、賢くリフォームしましょう。たとえば、以下のようなケースが風災として火災保険の適用を受けられる可能性があります。

風災に認定されるもの
  • 台風によって、屋根瓦が壊れて雨漏りが発生した
  • 台風の後、屋根の瓦がずれている
  • 外壁材や屋根材が強風で飛んでいった
  • 強風で木の枝や意思、看板などが家に直撃する
風災に認定されないもの
  • 経年劣化による損傷
  • 工事の施工不良による損傷

保険が適用されるまでの流れ

保険が認定され、保険金が支払われるまでの流れは以下の通りです。

契約している保険会社に連絡
申請書類や注意事項について聞く
各種申請書を作成、保険金の請求申請を行う
申請を受けた保険会社によって派遣された損害鑑定人が対象宅を調査
調査結果から保険会社が審査を行う
申請内容が認められれば、保険金が支払われる

損害鑑定人の調査:経年劣化か災害か

経年劣化はあらゆる保険の適用対象外です。ですので、外壁・屋根の損傷が、災害によるものと判断されるか、経年劣化によるものと判断されるかが、保険金が支払われるかどうかの大きなポイントです。その判断を最終的にするのは保険会社ですが、判断の根拠となる調査結果をまとめるのは損害鑑定人です。損害鑑定人は、損害保険会社から派遣され、対象宅を調べます。自然災害による損害の有無を確認、被害額を算定した報告書を作成し、依頼のあった損害保険会社に提出します。

申請書類が重要:業者でも自身でも記入は可能

損害鑑定人による調査結果が保険認定の上で重要ですが、その、調査は保険申請書類の内容に基づいて行われます。ですので、保険金を正しく受給するために、申請書類もとても重要なのです。申請方法を保険会社に詳しく聞いたり、塗装業者とも相談したりして、正確に記入するようにしましょう。多くの場合、申請書類は3つです。

保険金の請求書
事故の報告書
修理した箇所の工事見積書

2の「事故の報告書」は、契約書の名前、保険証書番号、損害発生の日時、損害発生の状況、事故の原因、損害のあった家の住所、損害箇所を示された家の見取り図、損害箇所の写真などで構成されます。これらの申請書類への記入は、ご自身でも、塗装業者でも可能です。

火災保険の例

主要な火災保険を記載しておきます。この他にもさまざまな火災保険が登場しています。

  • 損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」
  • あいおい日成同和損保「タフ・住まいの保険」
  • AIU保険「スイートホームプロテクション」
  • 三井住友海上「GK すまいの保険」
  • 朝日火災「ホームアシスト」
  • 富士火災「未来住まいる」
  • 東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」
  • 日新火災「住宅安心保険」
  • 共栄火災「安心あっとホーム」

最後に:信頼できる業者と一緒に火災保険の申請をしましょう

火災保険をどのように使うかイメージはつきましたか?風災など、火災以外の自然災害も火災保険の範囲内であり、条件をクリアすることで保険金が支払われます。保険会社から認定を受けるためには、保険申請書類をしっかり記入する必要があり、これは塗装業者も代行記入できます。信頼できる業者を見つけ、一緒に申請するようにしましょう。火災保険について不明点や質問などがありましたら、各保険会社か、千葉県で活動している「ちいき新聞の外壁塗装」にご遠慮なくご連絡ください。

「火災保険と外装リフォーム」に関するご質問
 フリーコール 0066-9737-6006

 ※ かからない場合は050-1709-4844まで

ちいき新聞の外壁塗装とは?

「ちいき新聞の外壁塗装」は千葉の塗装業者を紹介させていただく一括見積もりサービスです。

ちいき新聞が運営
ちいき新聞が運営
企業理念「人の役に立つ」。千葉県民のための優良業者紹介&相談窓口
安心の加盟業者
安心の加盟業者
厳格な加盟基準をクリアした「ちいき新聞」のパートナー業者ネットワーク
千葉県に密着
千葉県に密着
地域新聞社は千葉で35年!最も強みを発揮できる千葉県限定サービス
私たちが相談窓口
私たちが相談窓口
事前相談・質問・クレーム等の窓口としてお家の塗装完了を安心サポート
ちいき新聞が運営
ちいき新聞が運営
企業理念「人の役に立つ」。千葉県民のための優良業者紹介&相談窓口
安心の加盟業者
安心の加盟業者
厳格な加盟基準をクリアした「ちいき新聞」のパートナー業者ネットワーク
千葉県に密着
千葉県に密着
地域新聞社は千葉で35年!最も強みを発揮できる千葉県限定サービス
私たちが相談窓口
私たちが相談窓口
事前相談・質問・クレーム等の窓口としてお家の塗装完了を安心サポート

お問い合せフォームにご入力いただくか、
直接お電話にてお問い合わせいただけます。

※ どちらの場合も、専門スタッフがご要望をお聞ききして了解を得た後に、
千葉県内の複数業者を紹介させていただき、お見積もりさせていただきます。
紹介&見積もりに料金はかかりません。

業者の紹介へ

フォームから問い合わせ電話で問い合わせる

フリーコール

[受付] 9:30~18:00 土日祝OK

かからない場合は050-1709-4844

了解ないまま業者を紹介いたしません
ご質問・ご相談だけでもかまいません
お答えできるものだけでかまいません
電話代も含め料金は一切かかりません

お聞きすること

①外壁塗装の予定(1ヶ月先・半年先など)

②住居形態 ③築年数 ④外壁塗装経験 ⑤面積 ⑥塗料

⑦住所 ⑧名前 ⑨電話可能時間帯 など

フォームから問い合わせフォームで問い合わせる









塗装費用の相場をメールでお伝えします
業者紹介のヒアリングのために電話します

利用規約プライバシーポリシーに同意して


フォームから問い合わせフォームで問い合わせる









塗装費用の相場をメールでお伝えします
業者紹介のヒアリングのために電話します

利用規約プライバシーポリシーに同意して


フリーコール

[受付] 9:30~18:00 土日祝OK

かからない場合は050-1709-4844

了解ないまま業者を紹介いたしません
ご質問・ご相談だけでもかまいません
お答えできるものだけでかまいません
電話代も含め料金は一切かかりません

お聞きすること

①外壁塗装の予定(1ヶ月先・半年先など)

②住居形態 ③築年数 ④外壁塗装経験 ⑤面積 ⑥塗料

⑦住所 ⑧名前 ⑨電話可能時間帯 など